FC2ブログ
情報の真偽は自己責任☆
2006年07月04日 (火)
ペットが来ました。
宅配便でした。
かごじゃなくて、ダンボールでした。
ただの小包です。
中には対角線上に一匹ずつ縄張りを主張するように。

予定通り二匹です。

でかいです。
尻尾長いです。合わせると50cmぐらい。
白いです。
かなり眼が大きくて赤いです。
それはもう……

なんか敵意を持って激しく抵抗してました。

気分屋の人がヤツラの耳を狙って首の根元を押さえる。
必死に噛み付こうとしてくるのをかわして捕らえる。
そしたら、抵抗しまくって、ぶんぶん回って尻尾で回転。

気分屋
「眠らそうか」

しばらく待ってて持ってきたのは麻酔ではなく。

ゴミ袋にペットを突っ込んで、
空気を抜きながらどんどん、動ける範囲を狭めて……

身動き取れない、腹にぐさっと一発。

絶叫と共に抵抗をやめました。
まさに串刺し。
四肢をこれでもってぐらい伸ばして痛さを表現。

もう暴れる気力もなくなったのか、

ぐったりしてました。

明日もまた同じ。

その次の日も。

また次の日も。

毎日、襲ってくる苦痛。

日々、弱っていく体。

死を待ちながら、籠の中で何を思うんでしょうね?

ただじっと、物言わず……

では、今日はこの辺で。

P.S 今度の土曜日にカクゲー祭りを企画してください!
  ペットの命日に散々盛り上がりましょうか?
  
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック