FC2ブログ
情報の真偽は自己責任☆
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年10月12日 (水)
 今日は実験でした。

前にも似た出だしで始めたこの書き出し。

今日は試薬作りと作業で疲れました。

やってもやっても終わらない。時間が来ても終わらない。

結果、来週に試薬作りは持ち越しのようです。



 さて、製作活動が白紙に戻ってリストラ食らったサラリーマンの如く憂鬱な日常。

今まで忙いという感じの如く、心を亡くして作業していた毎日。

それが無くなってから何もしないでいい――


いや、何も出来ずに今までやったことが思い浮かんでは消えていく走馬灯の様。

戻りたくても戻れないあの日々。

なんというかあれですね。

『失恋』に似たこの感じ。

仕事をクビになった人はこんなことを思って公園に行って時間を潰しているのでしょ

うか? 



この歳で似た心境になれるとは思ってませんでした。

本当に胸が苦しいです。

 まぁ、そんなこんなでこんな凹んだテンションだと何も上手くいかないし、

おもしろいものそう感じれない日常。頭の中では別の作業を始めようと思っても

フラッシュバックで浮かぶ製作の日々。




――かなりきてますね、私。

無性にごろごろして眠ってしまい心地よい夢の中へと逃避したくなる自分。

ダメだと分かっていても考えと行動が一致しない、歯痒さと虚脱感。

全てを虚しく感じる状態です。

嗚呼、よくなんかの主人公が何かに打ちのめされたり、大切なものを失ったとき

に陥る心境とはこのようなものなんでしょうか……



いつもあれを見ている客としては「それはダメだろ」と文句を言えても、自分が

いざ当事者になると結構わかるものがあります。

私は夢に恋し、憧れ、その背中を必死で追っかけていた。

恋は盲目とは良く言ったもの。

夢に振られて盲目でなくなった今、残るものは何なのか……



このやるせない気持ちをどうすればいいのでしょうか。

頭の中では既に結論が出ています。

後は、震える体が前へ進むよう動くように心で繋ぎとめるだけ。

――ただ、それだけで私は……

P.S それでは動いてみましょうか。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。