FC2ブログ
情報の真偽は自己責任☆
2008年01月12日 (土)
でしたっけ??













なんか数えるのが億劫になってきましたorz

もはやうろ覚えです( ̄□Tゝ)



さて、そんな前フリもそれまでに。。。


雨の中、出歩くフラグが立ちました。
ちょっと出かけないと。。。











というわけで、ぱぱっと転載紹介。














◆「オタクっぽい」と感じてしまう男性の格好 (痛いニュース)
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1078571.html

それなんてステレオタイプ(・∀)ノ

一位:アニメプリントのTシャツ 二位:アニメ柄の紙袋 三位:腹部につけるタイプのウエストポーチ 四位:バンダナをハチマキ状に巻く 五位:鞄にベタベタ貼付けたアニメバッチ 六位:ムダに長い髪の毛 七位:リュックサックを片方に肩に掛ける 八位:大きくて厚いメガネ 九位:Tシャツをズボンの中に入れる 十位:
ピチピチのケミカルウォッシュジーンズ



だそうですが、電車男の力は偉大だってことで。
フツーそんな人いなさそうな人が多いけど、そうらしいです。

『眼鏡かけてたら、勉強しすぎ?』

とか、一昔前に行ってたようなニュアンスかなー。




マスコミとか漫画の力は偉大です。


そういえば、眼鏡といえば、
白眼鏡が流行るって去年の3月ぐらいの週刊女性自身に書いてたのに、
全然流行らないなーとか思ったり。

なんか脱線。














◆“格闘ブームは再び蘇る!?” 『ストリートファイターIV』2008年稼動へ(痛いニュース)
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1078563.html

今更新作ktkr(・∀)ノ

今から10年ぐらい前にストZEROにはまってましたわ。
その後、ZERO2→ZERO3→ストメン→マーブル……

って時代の流れ。
アノ頃は若かった。


とまぁ、画質は良くなってるようですが、ゲーム性が重要ですね。
シンプルでも、とっつきやすくて奥が深いと面白いんですし。

実際にやってみないことには、なんともってことでの参考資料。














◆『「コンビニの深夜営業、なくてもOK(温暖化防止の為)」が83%』 『「あいてて良かった」は、時代遅れ』…毎日新聞 (痛いニュース)
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1078542.html

石油問題の弊害か(・∀)ノ


テロ支援法遅れる

イラク問題で劣勢

米国サプライムローン

石油高騰

物価上昇

って流れは、ココじゃ関係ないですが、温暖化を防ぎたいそうですね。
24時間があんなに乱立してるのってどうかなんでしょう。

『いつでも開いてる』ってのは便利ですけどね。












以下、ニコニコから。



◆「男女」って曲が面白いからバカイト兄さんとヘタレン君に躍らせてみた(ニコニコ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1989010
バカイトさんとヘタレンくん

ノリが良すぎる(・∀)ノ

これは笑ったw
めっちゃ笑った。思わず、あるあるあるww

男女男男女男女DA!

なんて中毒性ww
絵がかわいすぎるww

深夜の自宅警備で疲れた心が癒されました。

ま、まだやっちゃえるんだから!














◆【鏡音リン】よつばのクローバー【オリジナル曲】(ニコニコ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1994140

神調教ktkr(・∀)ノ

この調教すごすぎだろww
声がフツーに人間にしか思えないv
いや、人間っていうより、プロの犯行!
そんな感じに過酷な調教だったに違いない。
うp主は鬼畜だw

発売から一ヶ月経ってないのに、スゴいこっちゃ。

















◆【KAITO】解雇解雇にしてあげる【恐れを知らない戦士】(ニコニコ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1949280
カイトが解雇

うp主、心境告白!(・∀)ノ

たしかに、あるあるw
やろうとしたら、『意外に壁が高くて……orz』
とかとか。

そんな日常に潜む身の回りネタは大好きですww
本心が垣間見えてるってカンジb


自虐ネタになりすぎると、いけませんが、
適度にパロッて、アイロニーに行けば、いいアクセント。

見習いたいものですわー。





とまぁ、そんなところで終わってみます。





P.S あれ……最近、雨の日の外出多くない?
   自宅警備員のはずなのに、なんか違うような……とか思ってみる件について。





トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック