FC2ブログ
情報の真偽は自己責任☆
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年01月22日 (日)
◇◇◇大魔王の国
そこは島国だった。
岩礁は高いところは高く、船で乗り付けられそうな浅瀬もあり、温暖で寒暖な雰囲気の場所だった。
何でも話では人口が一億2千万人とかで、ゴミの国の何倍になるのか比べようもない大きさだった。
建物や街に行き交う人もどこか垢抜けていて、ゴミの国が本当にゴミ屑だったことがよくわかった。
だが、この国は一見して平和らしいのだが問題があるらしい。
「消費税の増税を許すな!」
「マニフェストを守れ!」
「原発反対!」
「輸出入の関税撤廃反対!」
と、街中ではみんなが横断幕を掲げて、練り歩きながらお祭りをしている。
ボクはその人たちの邪魔にならないようにキャリッド(Carried 運搬するもの。特に2輪のバイク)を手押しで歩き見ていると、キャリッド兼相棒のヘルメス(神の使いで伝令役だとか)がうずうずしだした。
「ねぇ、あれって何なんですか?」
「あぁ、旅人(様々な目的で旅行をしている人の総称)さんですね。あれは抗議運動ですよ。この前、戦争を起こしてまでして君主が変わったのに全然国が良くならないのです。ちょうど1年ぐらいなるのにさっぱりダメです。今回こそ大丈夫だと思ってみんなが投票したのに……」
「はぁ、大変ですね。みんなで反対運動をやればよくなるものなの?」
と、ヘルメスが意地悪そうに聞いてきた。なんか炎上しそうな予感。
「そりゃ、よくなると思ってやらないとやる気も出ませんって。この前の弱腰外交なんて知ってますか? 炭素排出権取引でよその国の何倍も頑張ってるのに、よその頑張ってない国にダメ出しされて言いくるめられちゃうんだからへそが茶を沸かしちゃいますよ。大体政府は……」
「あぁ、すいませんボクはこっちに用があるのでそれでは……」
と、話が長くなりそうだったので後にした。
「大変な国だね、ナオ」
「そうだね、ヘルメス。まぁ、どこの国も似たようなもので大変さ。ボクも1年前は大変だったし」
「そうだったの、ナオ?」
「それは――」
と、言い掛けたときに、無線や警防やパーシスター(Persister 押し通すもの。銃器全般を表す名称)で武装した物々しい青色をベースとした警備服を着た男の2人組みがやってきた。
 なにやら話をしている様子だ。
「本部から発砲の許可出てますか?」
「いや、まだデモが小さいうちは何もしなくていいそうだ」
「なにやら大変そうですね」
と、またもやヘルメスが2人に横槍を入れて、話が炎上の予感。
「あっ、君は旅人さん? それとキャリッドくんか。そうなんだよ。まったく。せっかく君主が変わったのに平和にならないっていつもの一点張りで、ほとほと困っているんだよ。どうせ君主が変わったからって最初だけ期待されて、一ヶ月もしないうちに文句のヒルを言われて、また新たな勇者かなんかみたいなのが出て来て旧政府を亡き者にして新しい政府を作るって堂々巡りで……。僕ら末端はそのたびにいい迷惑なんだよ」
「そういう割には結構良い待遇なん……?」
と、さらにヘルメスが横槍を入れそうになったので、慌ててナオはヘルメスを止めた。
その変わりにナオは誰かが言っていたらしい言葉で気になったもの聞いてみた。
「ここは大魔王の国で、国民と国外から集中砲火を受けていて、危なくなったら勇者出現で魔王総辞職。そして、ちょっと経ったら勇者に悪いいちゃもんがついて、激怒した勇者は魔王化しちゃって、てんてこまいで、次なる勇者出現のいたちごっこだって誰かが言ってましたが誰かが」
「あぁ、それな。半分正解で半分は嘘さ。実際のところは内々で上手く勇者と大魔王が入れ替わるように根回しされてるのさ。国内と国外から見たら『頭丸めてきたんで許してください。すみません!』ってやってるようなもんだぜ」
「はは、まったく。それでこの国も今まで持ちこたえたもんだぜ。歴史上で一度も侵略されたことないってのがすげぇもんでよ」
「だよな。俺たちからみたらありえねぇって話でだな、ははっ」
「そうですか、色々ありがとうございます」
「このバカ騒ぎが気にならないならここは住みやすい町だぜ、旅人さん」
「うーん、ちょっと色々見て考えて見ます」
「そうかそうか。デモが暴動になったら近づいちゃならないぜ。発砲の許可下りるんで人が死ぬかもしれないから」
そういって、警備服の二人組みはデモ隊のほうへ行った。
「どうするナオ? この国に永住する気になった?」
「いや、2、3日くらいなら滞在してもよさそうだけどすぐ飽きそうだ。もっといい国がきっとあるはずだよ、きっと」
そういうと、適当に観光名所を見たり、人と話して3日ほど時間を潰してから国を出た。
国を出るときに『預かり』になっていた、パーシスター2丁と、パスポート(新しく申請したもの)を持って出た。
――3日目の夜。
次の国を目指すために船に乗っている時に、ヘルメスが聞いてきた。
「そういえば、大魔王の国になんてなんで行ったの?」
「さぁ、一番近くて、パスポート(身分証明書)を作りやすかったからじゃない?」
と、世界地図も手にいれたし、行く場所いくらでもある。
「次はどこに行きたいヘルメス?」
「燃料のおいしいところがいいなー」
「ボクは静かなところに行きたいよ」
そういって夜が更けていった。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。