FC2ブログ
情報の真偽は自己責任☆
2012年01月22日 (日)
◇◇◇ゴミ溜めの国B
 ――ここはゴミの国というらしい。
 ありとあらゆるゴミが集まる場所らしい。
 壊れた機械や何かの破片、何かの雑誌や何かの残飯らしい。
 ――そして、壊れた人が集まる吹き溜まりらしい。
 鍵と記号で管理され、指差されて己を見るような場所らしい。
 その中のあるゴミがつぶやく。
 わずか1年で価値観が180度回転した。
 あのまま上手く行ってさえいれば、こんなところに来ることはなかったらしい。
 周囲を鍵で管理されたこんな場所などにくることはなかったらしい。
 ゴミ同士がバカを言い合い喧嘩をするような場所に来ることはなかったらしい。
 ゴミが言うことは相手にされず、ゴミがすることは咎められず、ゴミの安息は自分で守るしかないらしい。
 あるゴミは疑問した。
 ――あの1年さえなかったら。
 世界はどんな風に見えていただろうか……?
 そうすれば私はゴミの話を聞かずに済んだのだろうか。
 こんなところで一生を棒に振って、誰かの慰み者になって枕を濡らす運命を変えられるのだろうか。
 もっとまっとうな、いや、せめて普通の人生を過ごすことができるのだろうか。
 「らしい」、「だろうか」の疑問に疑問し、疑問文で返る思考経路。
 しかし、あるゴミは疑問だけでなく行動に出るらしい。
 だから、真似をした。
 この国から出て正しくあるべき生を得るために真似をした。
 一度思い立つと待てが効かないことを己が性分として知っている。
 だから、手ごろなゴミを探した。
 そして、手ごろなゴミ同士を見つけて組み合わせてある形とした。
 それは合計3つのもの。
 ――まずは2丁のパーシスター(Persister 押し通すもの。銃器全般を表す名称)。
 片方は6連式のリボルバー。もう一方は命中精度の高そうな24連式オートマチック。
 ――そして、1個のキャリッド(Carried 運搬するもの。特に2輪のバイク)だ。
 さぁ、このゴミ溜めから抜け出そう。
 邪魔する奴は隠れ潜んで知らん振りで、邪魔なものは破壊しよう。
 盛大に静かに、可笑しく、今までのお礼をリボンをつけて旅立とう。
 平和ボケした看守はあっという間にあの世逝きになっていた。
 平和ボケした隣人たちもあっという間にあの世逝きになっていた。
 誰かが去った道筋は何もが既に終わった後で静寂が呼んでいる。
 静かな幕開け。
 明るい夜明け。

「何事もない唯のいつも通り静かな一日だった」
 非常におとなしい人物ナオの旅立ちの日だった。
 と、キャリッドこと私ヘルメスは後に語ることになるのかもしれない。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック