FC2ブログ
情報の真偽は自己責任☆
2007年10月27日 (土)

お祭りでした。

去年は祭りをやる側で、今年は祭りを見る側で。
あっという間の1年を感じました。
体感時間はもう10年ぐらいですが。

とりあえず、今日あったことを時系列ごとにでも。





朝:健康食品売ってるピュアなる場所に行かされた。
  http://www.kk-pure.co.jp/
  というか。コレ毎日の日課なんですよね。。。
  
  みのもんたのおもいっきりテレビばりに健康のお話。
  おばちゃん、おじちゃん、100円を握り締めて聞いている。
  普通に買うより良質のものをもらえるのはいいんだけど、
  1時間の健康談義は長い。
  メインはたっかい酵素を売ることにあるんだよね。。。
  そっちの分野だった人から言わせれば……(ゲフンゲフン
  
  お客さん多すぎておばあさん立ち見。
  とりあえず、私は席を譲っておいた。




朝2:車のガソリンが切れかけてた。
   そういや最近会社行かないし、交通手段自転車だし。
   祭りのために入れに行った。
   あー、クレジットカードつくっときゃよかったとしみじみ。



朝3:車の掃除、洗車。
   掃除ってのは、自分の魔力をこめるんだぜ?
   事故にあわないように、事故にあわないように……



昼1:とりあえず、祭りへ行く。
   お洒落に気合を入れすぎで、祭りがだいぶ終わってた。
   気づく人いるかなー、とか思ってたら、


   後輩な友人
   「あの横顔、・w・さんだよね」


   
   某部室の中に入る前に外にいた人に即効ばれる。


   その格好、何があったんですか!?


   ツッコマレた。

   コスプレイヤーに突っ込まれた。


   えぇ、私の格好もコスプレですよorz



昼2:後輩な友人たちとだべった。
   というよりも、展示を見てたら。ぞろぞろとやってきた。
   これは何かの謁見ですか?ww
   うわっ、私の正体をばらすんじゃない。
   順番に話した。
   みんな元気そうだった。
   うん。元気そうだった。絵もがんばってた。
   まぁ、問題もあるらしいが、祭りの後でやるらしい。



昼3:めぼしいものを買っといた。
   ノベルゲーがぎりぎり完成したらしい。
   これはタイムリーってことで買った。とても楽しみ。
   買ったときの説明書(?)に思いっきり笑った。

   早くクリックしすぎたらエラーがでます。
   お気を付けください。



   わかった。
   ボクじっくり読むから! そう心に誓った。




昼:カクゲー仲間に2人に出会った。
  どうやら気づいてないらしい。
  品物買って上げたら? とツッコむとバレた。
  片方は進路が決まってて。もう一方は就活中。
  今、何やってるんですか?って聞かれたので、
  会社を辞めるときの1人コントをやっといた。



昼4:本を借りてた友人が展示をしてるらしい。
   本を返すために、向かった。

   そして、迷った。

   なぜか、旧学科へ着いていた。
   
   


昼5:その途中で、多趣味でマルチな後輩にあった。
   ずっと、こっちを見ていた。
   けど、気づいてないらしい。
   ドアに入りかけながらもこっちを見ていた。
   だから、声をかけようとした。


   けど、話したくない人がいたのでやめといた。
   結局、話さず終いなのが残念。
   
   どうやら、あの人たちはこちらに気づいてないらしいok





昼6:学科にて、アイスクリームをもらうべく入場。
   相変わらずの格好で物色。
   去年とあんまり変わりがないのが残念。
   ついでに、こちらにも気づかれてない。
   よし、このまま行こう。


   

   先輩な人
   「アレ。・w・くん?」



   さっそくバレた。
   その瞬間、全員がこちらを見た。
   
   口々に、



   学科な人
   「えっ、マジデw
    何があったんですかwその格好wwww」
   
   「いや、似合ってますよ。
    いいなー、そんな服が似合ってww」

   「いや、ありえん。アレはありえん。
    ありえないよ。絶対ないね」


   
   あるあるねぇよを食らった。
   またもやコスプレしてる赤服にツッコまれたのがショック。


   動物園の動物の気分がよくわかった。





昼7:友人から渡された。
   


   学科の後輩
   「先パイ、プラ板やってくださいよw」


   プラスチックの板に絵を描いて、電子レンジで作るキーホルダ。
   記念に作れと頼まれた。
   いや、私そんな人前で絵なんて描けないですよ。
   見せれる絵なんて描けません。
   必死で訴えた。




   学科の後輩
   「大丈夫。ちゃんと描けるスペースありますからwww」


   舞台裏へ拉致られる。
   そこで、描いてくださいよコールだった。

   それでも空気読まずに絵を描かない私。




   『代わりに持って帰って、
    明日には完成させてくださいねwww』




   そんな無言のプレッシャーを感じた。
   今、手元にはプラ板がある。。。。




昼8:目的のアイスは売り切れてた。明日に持ち越し。
   教員とだべる。

   教員な人
   「そんな格好だから気づかなかった。
    で、今、どこで何やってる?」


   私
   「地元で、植物を扱ってました」


   教員な人
   「なんで過去形なんよww」


   コイツ…、勘が鋭い……!
   
   とりあえず、守秘義務だと答えといた。
   クレーム処理が大変なんですよ。。。
   よし、ウソは言ってない。

   話したくない人が着たので「逃げます」」といって後にした。  


昼9:本を返すために別の学科へ。
   アレ……なんかやってないんですけど。。。
   業者っぽい人に話を聞いた。
   どうやら、わからないらしい。
   偶然通りかかった講師か教授に聞いてみた。

   どうやら、場所を間違えたらしい。


      
昼10:ようやく場所をみつけた。
    展示を見た。話のネタになりそうなモノがちらほら。
    目的の人は、どうやら気づいてないらしい。
    心理テストをやりながら時間をつぶす。
    で、気づかれたので本を返した。
    祭りで盛り上がってるようなので、
    話もそこらで切り上げといた。

    今度、感想でも話したいところ。



昼11:再度、コスプレ会場へ。
    だべっていると友人と遭遇。
    送っていく話になったので送迎。
    
    元気そうでなにより。喘息注意。



夜1:誰にも相手にされなかったので帰宅。
  月がきれいだった。
  走りながら、デジカメで写そうとしたけどムリ。



夜2:ノベルゲーをやってみた。
   うわー、外の人がんばってる。
   うん、ステキなことやってるな。感動した。
   来年に期待。

   自分が昔作った作品黒歴史をひっぱり出してみた。

   久しぶりにやる自分の作品は感慨深かった。
   文体変わったなー。





夜3:さて、プラ板に絵描くか。。。




なんか文体がうつってましたorz
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック