FC2ブログ
情報の真偽は自己責任☆
2008年07月06日 (日)
の3本立てをやってみる。


先日は削除祭りだったそうで、有名なところを素材としたところは消えたそうです('∇')
私のところは被害0ですががが。
無名だったおかげかもしれません('~')

削除された人はお悔やみ申し上げます。
でも、また誰かがミラーを上げて増えていくイタチごっこだと思いますわ。


とまぁ、そんな前フリから始まって。
削除祭りを生き残った動画を紹介。
今回はタイトルの通りでハガレンを絡めたすっごい作品ばっかりで。
------------------------------------------------


◆【完成版】FF6 ハガレンOPEDパロ【手書き】(ニコニコ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3852211
ff6、ハガレン
うp主は手書きの錬金術師(・∀)ノ

要約:
・FF6のキャラを使って、ハガレンのOPとEDっぽく描いてみた。
・そしたら、プロ呼ばわりされる動画になった。
・っていうか、もうこれは公式でもおかしくない。


とかとか。
ホントうっまいですわ('∇')
ランキング入る手書きな人々ってどこかぶっとんでるかんじにうますぎ。
原作に忠実っていうか、愛を感じるっていうか。
原曲がすでにいいんで、ずっとループさせとける耳に心地いいサウンド。
EDとか、鳥肌たちっぱなしでしたわ(・∀)ノ

あっ、なんか比較版があがってたので、ついでに張っとく。

◆【二番煎じ】FF6 ハガレンOPEDパロ 比較版【削除上等】(ニコニコ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3856829
ごめん、原作に忠実じゃなかった。
それ以上に、オリジナル部分でカッコヨスギΣ(゚□゚*)


ありえんw
いろいろとありえんwwwww
センスよすぎってレベルじゃねぇww
逆に右下の原作がMADって言われるとか、ゲキワロス(>_<)

次回作期待で楽しみにしてますわ(・∀)ノ


で、次の動画は、同じくハガレンとのコラボ。
もしかすると、雑記でとりあげた予感がするけど、まぁ、カタイコトは抜きで。
絶望先生を元にハガレンっぽくしてみた。
------------------------------------------------


◆【MAD】さよなら絶望先生「絶望の錬金術師」(ニコニコ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3347520
絶望先生×ハガレン
相変わらずカッコイイワ(・∀)ノ

要約:作者コメ
・全てを、取り戻せ。

引用:タグ
・アニメ さよなら絶望先生 これはいいアリアリ詐欺? 職人技/1211185272 きっちり等価交換 絶望できないMAD 一見様誤解シリーズ カオス弾幕 さよならニコニコ動画


とかとか。
もう、カッコよすぎ!w
絶望先生のアニメがハイクオリティな分、いろいろとカッコヨスギ!w
初めてみたら、バトルアニメとか、謎解きアニメと勘違いする(>_<)

で、作者コメには追記があったりするんです。
なんでも、絶望先生×ハガレンの最終回verを作った人がいたんだとか。
------------------------------------------------


◆[MAD] さよなら絶望先生×ハガレソ4thOP(ニコニコ)
http://www.nicovideo.jp/watch/1215307003
絶望先生×ハガレン4th
そして、物語は真相へと至る(・∀)ノ

要約:作者コメ
・sm3347520の神MAD「絶望の錬金術師」に感動したので最終回verとして作りました。
・神演出の部分は同じにしてます。
・~あらすじ~世の中のすべてのことに絶望した望は学園に存在するなんでも願いが叶うといわれる“賢者の席”を探し始めた。
・~中略~ようやく“賢者の席” に辿りついた望だったが、そこで望の前に現れたのは風浦可符香(P.N.)であった。
・望の持つ、あらゆる練成を無効化するアンチアルケミイ能力“「絶望」の錬金術”、可符香(P.N.)の持つ、無から有を生み出す特性不明の“「希望」の錬金術”。
・交わることのないふたつの力がぶつかるとき、真理の扉が開かれる・・・。
・「先生と本気で戦うのはこれで二度目ですね」


とかとかwwww
なんという濃厚設定Σ(゚□゚*)
これ、本編でいいだろwwww
1分30秒で誤解できて、全てを悟れる動画。
上で紹介した動画に触発されて、58秒から始まるサビ部分の演出は鳥肌たまらん。まさに最終回にふさわしいOPMADですわwww

ハガレン、またアニメ化しないかなー。
絶望先生も第三期やらないかなーw

そういえば、両方ともアニメ化成功してる作品だったりするね(・∀)ノ

とまぁ、そんなところで自宅警備に戻ります。
ではは。


P.S 原作を超えるのがMADであるのが至極の事実って件について。
  同人クオリティで、自重しない手加減抜きのフルパワーがその由縁。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック