FC2ブログ
情報の真偽は自己責任☆
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月03日 (火)
らしいですよ。


朝のmixiで記事を知って動向見てたら、痛いニュースでもありました。
住人が素敵にレスをつけてて、面白いコラが上がってましたぜ('∇')

とまぁ、そんな前フリから始まって紹介を。



◆「せんとくん」の対抗キャラ、「まんとくん」登場…どちらが定着するか注目集まる(痛いニュース)
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1134408.html
「せんとくん」の対抗キャラ、「まんとくん」登場…どちらが定着するか注目集まる
せんとたんがいいヽ(´∀`*)ノ

要約:
・平城遷都キャラに、『せんとくん』の対抗馬で『まんとくん』登場。
・『まんと(万人)は千人(せんと)を超える』、『満都に繋がる』ということから。
・平城京のシンボル「朱雀門」をモチーフとした帽子。
・頭には奈良県のシンボル「シカ」の角が生えている。
・画像は全部コラです。
 (左:せんとくん萌え化。真ん中:茨城のマスコット。右:チョッパーアレンジ)

引用:住人
・あれだけ文句言って、できたのがこれかよ。
・どう見ても遷都君の方がインパクトがあるじゃねーか。
・せんとくんのイメージが強すぎてなんかイマイチ。
・せんと×まんとのBL作る腐女子を全力で応援したい。


とかとか。
色々騒いだ結果、元の鞘に収まりそうな予感('∇')
公募の意義はある。
だけど、『せんとくん』の禍々しいパワーと宣伝力の前には厳しいかも。
どっかの記事じゃ、数億円分の宣伝効果を出したとかなんとか。

で、某マイミクさんが面白い記事を書いてたので、流れから紹介。
------------------------------------------------


◆せんとくんて、実は凄く意味深いキャラクター鴨!!!(mixi・MANGANETWORK)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=825550394&owner_id=8701586
せんとくんて、実は凄く意味深いキャラクター鴨!!!
『せんとくん』は、ケルト神話でシシ神様だぜ(・∀)ノ

要約:
・衝撃の新事実=せんとくんはやはり妖怪・・・もとい。妖精だった!
・CERUNUNOS(ケルヌノス)というCELT(ケルト)神話の神で、森と動物のSPRIT(霊力)の神の形からインスパイアーされた作品鴨!
・つまり、人類が自然と一体となって生きていく自然崇拝から生まれたシシ神様。
・『せんとくん』の違和感は、遷都のテーマに自然との共存が抜け落ちてるため。
・イベントのコンセプト自体を『せんとくん』に合わせて変更すべき。


とかとか。
こりゃ、またでっかい批評ってやつですな('∇')
言われて見ればそんな気もしちゃうじゃないですか。
これは、もう『せんとくん』の良さを再確認するしかないですぜ。
自然との共存ってのは環境対策とか札幌サミットにも通じますな。

もう、『せんとたん』で行くしかない(・∀)ノ

というわけで、この場を借りて応援します。


そんなこんなで後はニコニコから紹介を。
『ウッーウッーウマウマ(゚∀゚』)は世界を救うってカンジなんですががが。
某業界も救われるかも。。。。
------------------------------------------------


◆制服ニーソックスでウッーウッーウマウマ(゚∀゚)踊ってみた(ニコニコ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3158858
制服ニーソックスでウッーウッーウマウマ(゚∀゚)踊ってみた
TMAがニコニコに正式参入(・∀)ノ

要約:
・ネタAV制作会社TMAが『ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)』作ってみた。
・ギャルゲーとかアニメを元ネタにしたコスプレネタAVで有名。
・『Faith/stay knight』で生まれた四郎のパロディのゴローは超人気。
・他にも、『涼宮ハヒルの憂鬱』、『ひぐらしが鳴く頃に』、『東方』とかやっちゃってる。
・そのクオリティは『実写版ひぐらし』に負けないと思う。

引用:タグ
・踊ってみた TMA TMA公式動画 ゴローの人気に嫉妬 パンチラ 立案者は病気 てなもんやさんどがさ HA★NA★RA★BI


とかとか。
もう、力いっぱいネタなとこです。
クオリティの傾け方が絶対どっか間違ってる('∇')

フツーAVって、抜けることを目指すはずなのに、ギャグを目指しすぎw
ニコニコで18禁以外の部分は見れたりするので、是非サンプルに('~')

芸風が革新的過ぎて、今後が気になる業者様ですわ。

って、ところで紹介〆とく。

ではは。

P.S 全国的に萌え文化は食傷気味って噂を聞く件について。
  でも、世界的には誇るべき文化なので、市場にはガンガン投入したほうが良さげかも。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。