FC2ブログ
情報の真偽は自己責任☆
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年04月29日 (火)
ってことがあったそうですよ!




うはっ、ライトノベル始まった!(・∀)ノ


まぁ、ぶっちゃげ、ライトノベルと小説と、純文学の違いがイマイチわからない・w・です。
自称、曖昧主義者なもので、イチイチわける必要性がわからない。

『同じ文学ってことで、まとめて一緒くた』に考えちゃってるもんで('~')


これは、4年前ぐらいから同じこと言ってて、代わりませんな。
『表現技法』の違いはあれど、『どちらが優れて、どちらが劣っているか』ってのとはまた別なモンで。

向き不向きはあっても、それはそれで仕方ないことで。
その長所を活かして、短所を別のモノの長所で補えばいいんだよね、ってコラボ精神。

とまぁ、そんな前フリから始まってみます。
ちょっと、【文体中毒】をますます、自覚してるもので、表現がオカシイです('~')


では、そんな話の記事を。





◆「狼と香辛料」が読売新聞の書評で絶賛される(悠々日記)
http://d.hatena.ne.jp/YUYUKOALA/20080427/SpicyWolf_Yomiuri
狼と香辛料
『商業ファンタジー』ってジャンルなんだって!(・∀)ノ

要約:
・中世を舞台とした、『若い商人』と『狼耳の少女』との甘い商業ファンタジー。
・『わっちわっち』な『ホロ』と、『ルルーシュ』な『主人公』の甘い旅路。
・旅の中で、『貨幣の取引』とか、『物流』ってのを面白くてやってるカンジ。
・『貨幣のやり取りって基本です』だけど、『貨幣のが商業の本質です』


とりあえず、ホロは可愛い!これはガチ(*゜―゜)
以前、youtubeで、そんなことを言われたときは、この作品を知らなかったので、『ナニソレ、食えるの?』って状況でしたよ。

だけど、今ではめっちゃはまってますぜ。

とまぁ、ラノベに対して、世間の評価もいい具合。
このまま、オタク(職人)批判の偏見忘れて、盛り上がって欲しいモンですわ(・∀)ノ

ついでってことで、以前紹介した記事を。

◆【雑記】ギャル文字(シリ/めつれつ雑記)
http://sirimetu.blog90.fc2.com/blog-entry-964.html

一番下に乗ってるぜ(・∀)ノ


そんなところで、この記事を〆ようと思う。

ではは。


P.S
あれ? 今まで書いてた『自分の文体ってどんなだったっけ?』って件について。
文字の視え方が変だぜって、ラストスパートの後のラストスパート。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。