FC2ブログ
情報の真偽は自己責任☆
2010年02月14日 (日)
ざざっと、クリアしました。
全クリでした。
過去ログ参照、精霊天翔プレイ

ざっと7日間の、プレイ32時間。

おかげさまでの規則正しい生活。
仕事>帰宅>ご飯>ゲーム>寝る>仕事>ループ。
休日は、
起きる>ご飯>ゲーム>ご飯>ゲーム>ご飯>ゲーム>寝る。

そんな廃人っぽい7日間。

もはや、人間としての最低限の文化的生活をやってないかんじ。
なんか、ゲームをプレイするための機械になったような。
なんか燃え尽きてました。
これが噂に聞く、燃え尽き症候群なのかもしれません。
燃え尽きること5日間。
適当に燃え尽き終わったんで、雑記にまとめ。

とまぁ、そんな前振りから感想を。


↓気になった人はどうぞ。

自分用のメモ帳感覚なんで、ネタバレ注意。
やったことある人か、買わない人だけどうぞ。

あと、たぶんに趣味、思想、嗜好がありますゆえ。







プレイルートは以下。
ゼゥ>ミゥ>ワゥ>ミゥ>ポゥ>ゼゥ
1、とりあえず、全部HARDモード。
2、一周目ゼゥで、クエストのボーナス条件満たそうとしたおかげで鬼畜にかんじた。
 ※過去ログ参照、精霊天翔プレイ
3、一周目ゼゥで、ユーラCGもゲット。
 たぶん、アイテム開放数が影響したんだと思われ。
4、2周目からは主要キャラの一点強化&必要なクエストだけ絞ると4時間ペース。
5、ざっと7日間の、プレイ32時間。
6、『貪欲の牙』5個装備で、群れの合間に使っていくと、回収マナが多いような。
7、敗戦CGは、偶然の産物でちらほらGET。(他所様の記事を参考にしてください)
8、『時果の遅刻』は、古竜クエを全部クリアした後の最終章ぐらいに『times go by』ってのが出ると思われ。
 ※クリアすると、剣とフォースのレベルアイテムを各10個GET。
9、短時間クリアするなら、ポゥのフォースを早いうちに10にしとくと幸せになれる。
 ※アニメ見ながら、『貪欲の牙×5』と、自動追尾フォース撃ってたらクリアできます。

10、『天使の弓』は、最終章に入ると、使っても効果でない気がする。
 ※クリア目指すキャラに、第一章で使って、強化キャラでごり押せば楽かも。
11、リリィは気づいたら見れました。
12、CG鑑賞モードで、ショートボイスあり。


の全6周目。
なぜか、一周目ゼゥがノーマルエンドになっちまったけど、気にしない。
気を取り直して、2周目以降を各キャラ感想をば。

ゲームってのは、大概主人公キャラをやれば、あらすじをつかめるもんで。

精霊天翔_ミゥ
ねこみみフードに引かれました(*>д<)<モエロス
※でも、なんで濡れ場で脱いでしまうん。。。orz

ミゥをメインで使いました。
えぇ、ゼゥルートでも、どうしてもクリアできない(体力的に)とき使ってました。
感想は、もうあれです。

超鈍器ゲー、1~7方向までの300渡ぐらいの攻撃判定。
弾幕なんてかきせちゃうぜ(゜▽゜)
このゲーム全キャラに言えることかもしれないけど、剣撃は2回セットで使うと攻撃判定とコストが得。
剣撃>剣撃>フォース溜め&通常ショット>フォース開放>剣撃>剣撃>ループ。
それだけで十分。
体当たりに気をつければ、余裕でクリアできるかと。
フルコンプクリア後、いろいろなサイトを見て回りました。
STGあまりやったことなくて、ノーマルでも難しいとか、ちらほら('~')

弾幕は基本を抑えとけば、大概なんとかなるもんです。
STGの弾幕回避は、『バラマキ』と『命中弾(自キャラ狙い)』を見極めること。
後者を上手く誘導して、ちょん避けして、剣を振ってれば。。。
ボーナス条件以外は簡単☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

余談:ちょん避けって言葉を知らなかった十数年前、
   友人たちと『デザエモン』でSTG作りながら弾幕の概念を感覚で理解したような。
   ゲームを楽しみながら、どうやったら作れるかって構造理解ばっかやってたような(゜▽゜)
   久々のゲームプレイにて、そんな昔を思い出しましたって回想。


話戻って。
なんで濡れ場で服脱いでしまうん。。。_| ̄|○ il||li
フードを貫通して生えてるんだと思ったのボクだけ!?(゚ロ゚;≡;゚ロ゚)!?
このゲームって、けもの耳な娘たちと、キャッキャウフフするんじゃなかったの!?


もうね、エロゲとか18禁とか、AVとかでいつも思うわけですよ。
なんで、着衣で最後までやらんのか!( ゚Д゚)<不思議。

裸になったら、誰が誰だかわからんじゃないか!(メ`□´)ノ個性がネェ!
下手したら他のキャラと間違われちまうぜ!?
むしろ、着ている服からこぼれ出る乳や尻がいいのだよ! 破れかかった衣服が柔肌に食い込んだところとか!
乱れた衣服からチラリと覗く下着とか!
その他、髪飾りやら、ケモノ耳とか、しっぽとかのオプションとか!( ゚Д゚)<
ただの裸体だけの濡れ場ぐらいなら、痴漢もののスカートの中の下着だけで十分なのです。
いや、むしろ遥かに上の必要十分! 
ヘンに全体を映さない分被写体を選ばず、息遣いや恥らいの身体動作など官能的で。。。ry

いいキャラデザな分、とっても残念でした_| ̄|○ il||li
あと、初のグッドエンドキャラ。
ラストCGにて、現地人(クリスト族)の身体的小さなに驚きました。
めっさロリ体系やん☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ大好物

そんなツッコミ入れながら2周目終了。
ゲームってストーリー楽しむ以外に、ツッコミ入れながら愉しむのってボクだけなんでしょうか?('∇')

ミゥのストーリをまとめるならば、責任を負う立場ってのは大変なのよね('~')

っと、そんなところで、3周目は、赤キャラのワゥ。



精霊天翔_ワゥ
最幼女の角っこいってみるぜ( ゚Д゚)<
でも、設定は二十歳以上。
『つのっこ』であって、『カドっこ』ではない。


クリア寸前の最終章ぐらいで唐突に気づきました。
改めてみると、すげぇ、服装だなーと('д')

薄めのシャツ(?)と、黒マント。
ベルトで〆てるけど、パンツ穿いてないような。。。
いろんな意味でファンタジー世界おそるべし(゜▽゜)

で、キャラ性能としては、
1、移動速度普通
2、通常:広範囲火力(HIT数増えるけど、分散しすぎてorz)
3、溜め:強化してもいまいちだった。(7超えるぐらいで、やけど状態にする)
4、剣撃:巨大ピザカッター。強化すると、ブーメランピザカッターになる。

そんなかんじ。
3周目にして、ラスボス戦の挿入歌を全部聴きそうになったぐらいの戦力でした。
まぁ、STGの性能はさておき、ADVパートの仕草がよかった。
ほんと、少女っていうか幼女って言うか、仕草がいい!
表情がコロコロ変わりながらに、口元に手をやりながら、「う~~」ってのがツボった!
ゼゥとミゥがそこまでハイにやってくれなかった分、補ってくれました。
もうね、ロリコンとか言われても構わんです。
二十歳過ぎたら見た目年齢( ゚Д゚)<びびっと来たらok!
濡れ場もいいかんじでしたしねー。☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
表情がエロかった。

余談、
・二次元幼女好きな人が現実世界でも幼女に性欲を持て余すのかってことについて。
 趣味は『蓼食う虫も好き好き』なんで、いろいろあると思うけど、別モンだと、ボクは思う。
 二次元のほうは造形美から可愛さやら、エロスがある。
 が、しかし、3次元のほうは、大概がデッサン狂っているので、どうしようもない。
 二次元幼女(理想系:イデア)>>>>>>>越えられない壁>>>現実(自然の悪戯)
 要約:絵は、最高を目指して表すので最高である。
    現実は、あるがままを受け入れるしかないので、どうしようもない。
    現実で、二次元を超えるような産物は、もはや神の悪戯とよばれる域。


こういうコが入れば、退屈しないんだろうなーと。
(*>д<)<可愛いコに振り回されたい!

ADVで、他のキャラとの掛け合いがもっとあれば、さらによかったのに( ̄□Tゝ)
せっかくの5人と、立ち位置がもったいない!
ゲームの構成上、主人公と攻略ヒロインのマンツーマンになるのは仕方ないのか!

あぁ、なるほど。
だから、ちょっくら前に流行った『らきすた』とか『けいおん』とか『Candy boy』には男キャラででないのだ、と。
男不在の中、乙女たちの微笑ましい恋愛事情や、友人事情なんかやりとりを見て和むんだなーと。


そんな、周りから恐がられるのを気にしながら、明るく振舞うストーリーでした。
ピザカッターのこと、きっと、ボクは忘れません。


で、4周目は、知的クールっぽいルゥ。
精霊天翔_ルゥ
正面立ち絵が可愛かった( ゚Д゚)<予想外
えぇ、4人目からはぶっちゃげ残飯処理。
まるで葬式に出てきたマズイ弁当の残り物のよくわからない佃煮。
ゴミ箱に捨てるのがもったいないってカンジで食べるぐらい心境です。


もう、クリアしてもいいよね?(゜-゜)
とか、半ば思いながらも、とりあえずフルコンプ目指してたワケで。。。。
だって、別キャラ攻略してるときの立ち絵の顔面がやたらと長細くて、デッサン狂ってる気が。。。orzボクは人のこといえる画力ない。
でも、なんか一度気になるとずっと、気になって、もう、ほんと、半ばいやいやながらのプレイ。

チュートリアル戦闘やって、大剣すげー、当たってないところが切れる!www
とか、ツッコミながらADVパート突入して驚いた。

ルゥ「ふむ。そういう考え方もあるのだな」

とか言いながら、手を頭に乗せての正面画がめっちゃ可愛かったΣ(゚□゚*)
まさに、サイヤ人がスーパーになったぐらい心象レベルが急上昇。

けっこういけるじゃん!☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノなんかツボ!
鎧といい、大剣といい、正統派ファンタジー。

ストーリーは、
ルゥは、知的好奇心と、考えすぎるから先が見えて、動けなくなる。
主人公は、考える前に即行動。
そんな対比を活かしてたようなかんじかな、と。

前期待がドン底だった分、とても楽しめました。(*`・ω・)ゞ
このあたりで、敗戦CGはやたらと、生物系やら触手系が多いと気づく。
ついでに、幻想絵師:人丸の本領発揮を少しワクトクしてました。


で、5人目最後の5周目は、引っ込み思案で、おとなしめなポゥ。


精霊天翔_ポゥ
まず、その服装のどこからツッコうもうか(゜д゜)
どのへんが恥ずかしがり屋か教えてくれ。

超巨乳。
ビキニっぽい、槍を持った狩猟系原住民スタイル。
腰布で、太もも全開!

性格については、わかった。
でも、服装については。。。(メ`□´)ノ謎!

まぁ、あれです。
途中の長老のセリフで解決しました。
『過激な服装は、心の内に秘めた反発からかもしれないですじゃ』ってところらしい。
なるほどねー。

あと、ツッコミべきは火力。
ものごっつい。
攻略最後にしたのが勿体無いぐらいの火力性能だった。
自動追尾のフォース撃ってれば、余裕。

自動追尾のタケノコミサイルと、画面端まで届く極太レーザー。
タメ速度は超高速で、2秒に1発以上は、いけたような。

リーオライナ(どっかのボス)
『ポゥの火力は恐るべきモノだった。もはや、チートry』


まるで、強くてニューゲーム。
最初のザコ敵をラスボス戦で使ってた、高レベル魔法で瞬殺するぐらいえぐかった。
最短クリアのお供にどうぞ。

ストーリーは、
植物は種を残して、その種が次につながる。
つまり、今回ダメでも、礎となって、いつかは打倒するぜ!
たぶん、そんな話だったと思う。

で、5週クリア。
最初のゼゥのノーマル以外は、ハッピーエンド。
分岐要素は、リトライ回数なのか、ゲーム仕様(別ゲーへの伏線消化)なのか。

そんなことを思いながらの6周目ゼゥ。
とりあえず、クリアを目指すだけなんで、超作業ゲー。(天使の弓をゼゥに使っての、ポゥ無双)
(うみねこのなく頃にのアニメが面白かった。次期があるんやね(゜-゜)


今更だけど、既読スキップ機能つけといて欲しかった。('◇')ゞ
1時間ぐらいで、グッドエンドでした。

ストーリーは、
人間不信→人を信じる大切さの再認→ハッピーエンド(結婚にて、家庭を持つ)。
ありきたりかもしれないけど、ホントよかった。
このゲームで一番ハッピーエンドらしかった。
エンディングはワゥもよかったけど、やっぱっ、ゼゥがよかった(*`・ω・)ゞ

もうね、他のキャラを攻略してたのがゼゥのストーリーに彩りを加えるスパイスだと思えるぐらいよかった。
余談:ギャルゲーの良さってあれでしょう。
   何度も同じ時間軸を別キャラ主体の角度でやり直すことで、深みを出すことにある。
   1つの視点では、見えなかったものも、2つ、3つと視点を増やすことで、1次元から4次元まで膨らむような。
   『ひぐらし』や『うみねこ』の強みはそこを上手く活用したことにあり。
   小説や漫画も一人オンリーの固定視点よりも、多人数のリレー式を好むのもそこにあり。
   書きやすいし、作りやすいし、観客も理解しやすいしなーと。


最後は、前にも書いたけど、一番好きなシーンで〆とく。
ストーリー上、裏切り問題が起きて、ゼゥ姉妹が意見の食い違いで喧嘩になったときに、

精霊天翔_ゼゥ_背中
主人公「つらいなら、いつでも胸を貸してやる」
ゼゥ「胸はいい。その代わり背中を貸して」

面と向かっては気恥ずかしい。
だから、背中越しにて胸中を語る。
みたいなくだり好きでした。

◆今回のゲームを通じての感想。
1、久々のゲーム、よかったです('∇')
2、ただ、もうゲームを楽しめるほど自分が若くないってことに改めて気付かされました。
 体力持たんwww('~')
3、あと、人様が作ったものを味わった後は、無性になんか作りたくなる。
4、やっぱ自分は作る側なんだなーと。
 本当に自分が好きなものや、やりたいもの、見たいものは、自分自身でしか作れない。

 (サムライが自分の刀のために刀鍛冶になるような、絵描きが理想を描くような)


というわけで、創作に戻ります。
指の調子は前よりは良くなった気もしますゆえ。

ではでは。


P.S 何かを得れば、何かに対する色眼鏡を手にするって件について。
  新しい色眼鏡をかければ、今まで見えなかった価値観に気づくって昔書いたね。
2010年02月04日 (木)
えぇ、ご無沙汰してます。
久々の更新です。
気づけば2月で、久し振り過ぎてどうやってブログの管理画面に入るか探してしまうほど。

最近は、生活パターンが規則正しくなりました。
『仕事>帰宅>アニメ見ながら絵描く>寝る』のエンドレス。

文字書きは過去ログ参照で、もう無理くさい('д')
今年はこれでずっといくのかも('∇')

さて、絵描いてまとめた考察レポートでもあげようと思いつつ、絵を描いてたはずなんですが。。。

なんか衝動買いしてしまいました。
前から、ちらほらチラシを見かけたり、ポスター見かけたりして、気になってまして。。。
この前の休日出勤で待機時間にPV見てて、思わず、買っちまった。

◆精霊天翔
http://www.xuse.co.jp/product/041_seirei/
精霊天翔_タイトル
ギャルゲー+STG+作画:人丸(幻想絵師)
いい触手とケモノっこ描く人です。

ギャルゲーなんて何年ぶりだろう。きっと5年は過ぎてます。
基本、人から借りたゲームをやるぐらいなもんで、自分で最近買ったのは4年ぐらい前に『P3』ってほど。
なんかSTGやりたかった。
近くにあったゲーセンがなくなって、遠くになって、やらなくなって。。。
東方は面白い。
けど、たまには別のSTGやりたくなるもんです、はい。
今回は横シューですし。

↓気になった人はどうぞ。





というわけで、以下、感想。
自分用のメモ帳感覚なんで、ネタバレ注意。
やったことある人か、買わない人だけどうぞ。




とりあえず、買ってやってみた。
ギャルゲを買ったのはこれが初めてだったりする。(借りてやったぐらいなもんで)
◆中身は、
1、外箱:飾れそう。
2、説明書(薄い):各パートと、キャラ設定とか。
3、サウンドトラック(初回特典らしく)
4、アンケートはがき

とかとか。
開発コストは高いんだろうけど、製品の生産コスト良好?

◆ストーリー
1、主人公と知り合いと弟子が異世界に宝探しへ。
2、魔法(マナ)の体系が違うので、移動船沈没。
3、現地(クリスト族)の人と出会うが、魔物に襲われてる。
 ※空飛ぶ敵に大して現地人は飛べないので打つ手なし。
4、主人公(飛べる)助けるが、魔法の体系が違うので重症。
5、主人公と現地人による、村防衛作戦開始。
6、クリスト族の特殊パワーにて、触れ合ってると特殊能力を付加できる。(飛翔能力)
7、さぁ、村を守ってやるぜ!
8、そして、話が飛躍して世界を救うことに。

たぶん、そんなカンジ。
で、開幕勝負で、選択肢。
『どのキャラを使う?』みたいな。
属性によって、敵との相性がいいそうな。
 ※青>赤>緑>青のジャンケンループ
 ※白はバランス。黒は攻撃特化の貧弱装甲。

直感と好みで、キャラ選択。
精霊天翔_ゼゥ

ツインテールと頭のオプションに引かれました(*>д<)<モエロス
初見、けもの耳だとおもってた。('∇')

いつからツインテール好きになったんだろう。
ふと思ったら、昔ゲーム作ってたキャラがそんなかんじで、初音ミクで外れミクry。

本音は、『火力があれば防御はいらはいらねぇ!』( ゚Д゚)<気合
だったんですが、この選択が後に響くとは思わなんだ。

で、キャラを選ぶと戦闘開始。
いきなり戦闘と思いきや、よくあるSTGの説明パート。
弾の発射や溜め撃ちやボムの解説あれやこれ。

よっしゃ、火力特化で一気に決めるぜ!☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
と、意気揚々で、ワクトク状態でやってみて驚いた。

なに、この弾速の感覚の長さは。。。
弾の発射間隔めっちゃ遅いんですががが。
比べてみると『ロックマン』の弾速は超優秀。
『ギャラガ(FC)』の弾2個までしか画面に出せないよりましなぐらい。
しかも、敵カタいんですけど!
タメ攻撃はほぼ接近しないといけないのに、当てても敵死なないんですけど!
隙めっちゃでかいし!
剣撃のゲージたまり悪くて、2回連続でしか打てない。発射間隔3秒ぐらい。
つうか、体当たりめっちゃいたいんですけど、2回あたれば死ぬんですけど!
移動速度めっちゃはやい。
『グラディウスで(4速)』ぐらい、たぶん。
画面、めっちゃ狭くて、敵に2回あたれば死ぬライフ制でどうしろと!www


なに、このマゾい仕様。。。
一応、ゲーム仕様で強化できるらしいんで、超期待しとく。

まぁ、最初は動きと仕様に慣れないのは仕方ないってもんで、
ギャルゲーらしくストーリを楽しむべし。
戦闘終了後の掛け合い、その他、嗚呼、これが懐かしいギャルゲーパート。
とか鑑賞に浸ってたら、ゲームの中でノックが鳴りました。

ゼゥ「……いる?」

はいはい、いますよ、どうなるんでしょうね、これからね。
よくある戦勝後の会話ってやつでしょうか。
これで好感度上げながら、ハッピーエンドを迎えるんでしょうね。

引用:長老
『現地人(クリスト族)』は、他部族とは深い関係になることで力を共有することができるのですじゃ。


ゼゥ「いやだけど、他の妹たちをあんたに会わせたくないから、しかたなくry」

どうやらツンデレらしいです。
僕は、やはりツンデレと縁があるようです。
昔から好きになるタイプが違いました。

当時、青春真っ盛りだった僕には共通点がわからなかった。

だけど、最近はわかります。
だって、『ツンデレ』って言葉ができたから。

ゼゥ「魔物を倒すためには、ry」

引用:長老
『現地人(クリスト族)』は、他部族とは深い関係になることで力を共有することができるのですじゃ。

後々まで微妙にいい味を出す彼の言葉を何度も思い出しました。





えぇ、
いきなりの濡れ場でした。
( □) ゜ ゜Σ


選択肢1個目で、いきなりの濡れ場展開。
彼女は剣の巫女だそうで、深い関係になることで、うんぬん。
そこで、仕方なく、主人公と肌を重ねるのでした。
さらば、純潔!('д')

最近のギャルゲーは、最初からクライマックスなんですね。
その後、使用キャラによって部屋にくる相手が変わることから、好感度に影響あり。

つまり、最初の選択の時点で、僕の攻略パートは決まってたわけです。
『ツンデレパートはマゾの道』

クエストって形で、敵を倒すのに難儀しました。
ボーナスアイテム手に入れるために、被ダメ0にしろとか。
倒しちゃいけない敵がいたりとか。(名前教えられてもどいつかわからん)
全敵を破壊しろとか。(3秒で消える敵が上下に分かれて飛んできた。もちろん弾幕満開の中で)

とか、えらい苦労しました。

ここまで書いて思ったよりも時間がかかってしまったので以下、省略形式で。



◆ゼゥルートに対する感想。(このゲーム4章目までに対する?)
1、4章目からが勝負。
 ※クエストの多様性、自キャラの強化が形になる。
 ※キャラに愛着が出始める。
2、STGのボーナス条件がえぐい。(難易度HARDだから?)
 ※楽しいけど、同じステージを何度もやることになると、半ば作業で。。。
 ※ヘタレな僕は、全敵破壊で同じステージを20回ぐらいリトライしてました。
 ※素直に他のキャラを育てれば、変わるのかもしれない。
3、体当たり超痛い。
 ※東方とかの弾幕重視の縦シューに慣れてると、新鮮な難しさ。
 ※地形に激突判定がないのは、簡単でした。
4、戦法は、接近>ショット>溜め撃ち>剣撃(敵弾消す)>離脱が安定。
 ※チャージと技の硬直で自然とそうなりました。
5、ゼゥ以外のキャラの射撃性能が優秀。
 ※発射感覚が早いだけでも、かなり優秀。
 ※だけど、単機集中強化がプレイスタイルなので、ゼゥオンリー。
 ※愛着が湧いてきたんで、後は時間の問題。

買った当初、ゲーム買ったの外したと思いました。
クソゲーとまではいかないけど、あまり好ましくないかんじでした。
だけど、4章目ぐらいからまともになった感じあり。
操作に慣れたのかもしれないし、作風に慣れたのかもしれない。

◆ゼゥルート終わっての感想。
1、強化レベルが6を超えると超火力になる。
 ※溜め撃ちの射程がいつの間にか拡がっていた。
 ※斬撃の回数と回復速度が増えていた。
 ※レベル8を超えたぐらいで、オプションがつくようになった。
 (自キャラトレースの分身にて実質火力2倍、被ダメを受けると解除)
 ※レベル10を超えると、分身3つで、無双状態。
 (通常ショットがHIT数で強化されるけど、えらいことになった)
 (『サイヴァリア』のレベルアップ思い出すほど)
 ※(『溜め撃ち3連重ね』+『7連撃(敵弾消去つき)』)×3で、直撃させれば2工程以内にほぼ破壊可。
 ※誰だ、使えないキャラとか言ってたのは(゜▽゜)
2、クエストの難易度は工夫次第。
 ※アイテム使えば大概なんとかなる。
  (火力強化、体力回復、チャージ速度アップ、マナ回収増加)
3、純愛もいいけど、鬼畜プレイもね。
 ※敗戦イベントで偶然に発見。
 ※ごちになりました。
4、2週目以降に引き継げるもの。
 ※各種強化レベル。
 ※一部アイテム『好感度アップの弓』
 ※マナは全リセットされるので、アイテム全解放後、強化して終わるべし。
5、STGメインだったら、さらに良作だったかも?
 ※濡れ場なくして、一般ゲーにしたら……。
 ※破壊時のエフェクトや点数アイテムのインフレ状態があれば……。
  (『ケイブ系』の『虫姫さま』や『デススマイルズ』みたく)
 ※キャラへの感情移入考えると、今回に落ち着くのかも……。
 ※『式神の城』や『東方』みたくSTGパートで、ちょっとした会話だけでも十分? 
  (この辺は趣味の問題かもしれんし、難しい話になるので省略)
 ※とりあえず、『精霊天翔』の味を楽しもうと思う。
6、やっぱ声と音楽あるとエロス。
 ※小説や漫画もいいけど、1.5動画っぽいギャルゲーは声優の力がすごい。
 ※感情の入りが良い。
 ※もし、ギャルゲーを作るならば感情表現に対する地の文を省略する必要があり。
  (文章量の圧縮の面から、テンポにて)
7、音楽よかった。
 ※ラスボスはやっぱ挿入歌!
 ※無双状態で秒殺だったんで、あっという間に終わりましたけど。。。

とかとか。
RPGとかも3分の1とか半分超えたら、面白くなるのと同じかも。
今回の雑記で、えらい叩いてるように見えるかもしれないけど、好印象の裏返し。
『ハンター×ハンター』の『グリードアイランド』にて、
≪ゲームに対して「もっと、こうしたらいい」とか言い出すのは、はまってる証拠≫とかとか。


あと、ストーリー上、裏切り問題が起きて、
ゼゥ姉妹が意見の食い違いで喧嘩になったときに、

主人公「つらいなら、いつでも胸を貸してやる」
ゼゥ「胸はいい。その代わり背中を貸して」
背中越しにて胸中を語る。
みたいなくだり好きでした。

ゼゥがツンデレなのは、裏切られる恐れと好意の裏返し。
ラスボスでの掛け合いにて、信じる大切さに気づいたりとか。

話としては、月並みかもしれないです。
でも、STGパートで苦労したおかげか、感情移入もいい感じ。
楽しませてもらいました。

でも、あれだ。
ハッピーエンドじゃなかった。

ノーマルエンドだった!
_| ̄|○ il||li何で死んでしまうん?


ピアキャロ3で、フラグ完璧なのにバッドエンドだった状態。
(成績やステータスが足りないとでもいうのか!?)


選択肢は最初の1個だけ。
ということは、どこかのクエストのクリア状況が問題か。
ラスボスを被ダメ0で行く線が濃そうだけど、それは作業になるから嫌だなーとか。

とりあえず、2週目を別キャラやりながら考えてみます。

→次へ、精霊天翔プレイ_完結


ではでは。

P.S 小説は最後のどんでん返しまでわからないって件について。
  ゲームに対する評価も、最後の最後まで遊んで決まるものってのが経験則。