FC2ブログ
情報の真偽は自己責任☆
2008年04月25日 (金)
ってのを読みました。






この本との出会いは、去年のことでした。
何の本を探してたか忘れたんですが。。。
あぁ、たしかミステリー関係の本を探してたような気がします、たぶん。

で、そんときにちらっと眼に入った本が衝撃的でした。
そのときは、ちょろっと見ただけでスルーしたんですがががが。

この前見たときには、こりゃ買ったほうがいいなってことで購入。


とまぁ、そんな前フリから始まってみます。
今回の本はこんな本。




◆部下は育てるな! 取り替えろ! ! Try Not to Develop Your Staff (光文社ペーパーバックス)(Amazon)
photo
部下は育てるな! 取り替えろ! ! Try Not to Develop Your Staff (光文社ペーパーバックス)
長野 慶太
光文社 2007-09-22
おすすめ平均 star
star部下を持つ人間の意識改革
star自分も取り替えられるという覚悟が必要
star目が覚めます。
star無能な管理職にとっては焚書でしょうよ。
star独創的な内容

by G-Tools , 2008/04/25

何故そうなるのか?
って思考スタイルが重要だ(・∀)ノ


要約:
・どうすれば『革命上司』や『勝つ組織』になるかをレクチャーだ。
・教えることなんてできません。見ることしかできません。
・ぶっちゃげ、押し付けは無意味。自分で気づくしか人は納得しません。
・自分で決めた目標設定にこそ、責任感を持つもんだ。
・どうすれば、部下や職場がそう考えるようになるかサポートだ。
・そのためには、『何故そうなるのか?』を問いかけるスタンスで行くのだ。
・タイトルと小見出し、太文字が視覚的に訴えてくる読みやすさ。

引用:小見出し
・教えるなただ見るのだ。
・態度の悪い部下はすぐ取り替えろ。
・質問1000本ノック。
・クリティカルシンキング(何故?何故?)で上司を論破。
・ヘタクソな会議をすぐ辞めさせろ
・退職面接を活用だ。
・辞表は叩きつけずにそっと出せ。


とかとか。
ざっくり読むと、文字の配置とかレイアウトとかでの読みやすさが印象的でした。
あとは、経営コンサルティングな著者のアメリカ的な考え方とかとか。

『日本のここの部分がちょっと無駄だぜ』

ってことがあって、どうしたらいいのかって感じかも。

>『パワーポイントに偏るのは大変だ』
・理由は、作るのが手間で、その時間を他の仕事に回すべき。
・本中では、画用紙にマジックで書いて、ホワイトボードに張っていけ。
そしたら、後で外して持ち運べるし、すぐに注釈書き込める。

この発想はステキですな。学校とかの授業っぽい。
持ち運びできるってのがクオリティ高い('∇')

>『儀礼だけの会議は無駄』
・場の設定と参加者の15分単価を出して、ホントにすべきか考えろ。

これはホントに共感しちゃいましたね。
今は、色々合って自虐警備員やってるわけですががが。
1つのことを途中で止めて、再度やり始めるってのは手間ですわ。
頭をまた再インストしないといけないのが。。。

大体:1雑記/20分。(動画見ながら、参考記事見ながら、音楽聴きながら)
電話:1件/10分(顧客情報と対応策考えて準備含めて)
会議:1会議/180分(話す内容と資料作りと前後の根回し)


職場にいた頃の、『電話に出る』と『会議』の時間があれば、10個以上の記事が書けるかと。
コミニケは大切だけど、無駄なコミニケは減らしたいもんです(>_<)


あと、話し変わって、経営者とか上司がこういった本を読んで、『若者対策』してるんですな。
いや、面接対策なんて本はそのへんにあるネックなビジネス書ですががが。

逆の立場(上司の立場)で考えるってのは重要ですな。
そうか、あっちもそんなことを考えながらやってたのか! びっくりだぜ!(・∀)ノ
敵を知って自分も知れってことで、本を読むのだっ!( ゚Д゚)<

日本じゃ常套手段の『カンバン方式』とか『ネマワシ』ってスキルが海外で注目だぜ!
これもしらんかった('~')


そんなことを思いながらの新しい発想をもてる一冊でした。

〆として、文中から以下のニュアンスを。

【会議だけの資料なんて意味内のです。後から読み直したくなる資料を作るのです】

とかとか。
それには、小見出しや文字の色や段落なんかが重要なんだとか。
たしかに、読みやすかった。
個人的には、コンサルティングやってる人の本って、読み易い(分かり易い)気がします('∇')

【分かり易さ=感動】につながればいいなって伏線をここで張っとく。

結論:また読み返したくなる雑記を作るべし。


ではは。


P.S 何故そうなるのかって考えることは重要な件について。
  『ソクラテスの弁論術』や『無知の知』にも由来する至高スキルの1つ。


2008年04月25日 (金)
そうですよ。




なんか友人がメッセにアドレス張ってたので読んでみた。

【貼るじゃなくて、アンテナを張るカンジに罠を張るんだから、張るが正しいんだよ】……ヘッドホン


とまぁ、そんな前フリから始まって。

とてもスゴイ話だなーって思ったんで、紹介。
頭の中に入れておいても忘れちゃいそうなのでアウトプット、アウトプット。






◆「青少年インターネット規制法案」が成立すると、日本のネットは完全に死ぬ(GIGAZINE)
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080423_jp_internet_death/
誠、スクイズ、ナイスボート
毎度ながらに誰が考えるんだ( ゚Д゚)!<

要約:
・青少年に悪影響を及ぼすページは削除。
・『パス会員制』にするか、『フィルタ』かけて、有害サイト申請しろ。
・従わない場合には「6ヶ月以下の懲役又は100万円以下の罰金」
・ちなみに、法律が出来たら、中身は後でいくらでも改変しちゃうぜ。
・アンチネットな人が就任したらスゴいことになるぜww


とかとか。
出ましたね。出ましたよ。こういったスタイルの法案。
『ポルノ禁止法』とか『準ポルノ禁止法』とか『著作権管理代行(笑)』とかとかw

それなんという、点数稼ぎ法案!(・∀)ノ

まぁ、いんですが。
いつもの如くの暴論でもう、ツッコミ疲れましたががが。
また性懲りもなく、こんな法案ひっさげてくるんですね。

元記事のリンクとか参照記事とか見る限り、どんな弊害でるかわかってるはずなのに。

元記事にもありますが、『ネットは匿名性が強いので、誹謗中傷の温床になっている』と誤解されてるのが原因なんでしょうね。

ここ重要ね。
めっちゃ重要よ。

2chが匿名ok?
ニコニコが匿名ok?
winnyが匿名ok?



そんなの、幻想だ!
その幻想をぶっ殺す!( ゚Д゚)<


幻想殺し(イマジンブレーカー)なんてトンデモスキル使わなくても、壊れてます。
既に壊れてますわ。

2ch→IPとログで追跡可能。
ニコニコ→IPとログとチャートで追跡可能。
winny→IPとログとその他で追跡可能。

学校裏サイトで、『死ね』、『キモイ』、『殺す』って書き込みがあるんです?w
ばれないと思ってやってるんです?www

絶対、ログが残ります!(・∀)ノ

その気になってケーサツが情報開示迫ったら、ばれますよ?w
そういう特権持ってるし、管理者は義務があるんですよー。


元記事で、『青少年にネット教育』が必要ってありますががが。
まさにソレ。
だって、ばれるもん。
絶対ログ残るもん。
残らないようにするには、クラッカーになるしかないもん。

手間かかるけど。


とかとか。
そういった教育をしながら、どういったしっぺ返しが来るか学んだほうが重要ですわ。



結論:臭いモノにフタよりも、反面教師とすべし


というカンジで記事の紹介を終わってみる('∇')

ではは。


P.S
結構知られてるかもしれないけど、この雑記は『アダルト』扱いの件について。
理由は、この記事の内容を知ったら、『少し大人になっちゃう』っていう『アダルト化』。


  


2008年04月25日 (金)
ってご存知ですか?






転載元のサイトに、この記事使いましたよって知らせるような機能かも。
相互リンク効果で元の記事を見に行ったり、逆にあちらから見に来てもらったり。


そんな便利機能らしいです。

ちなみに私も使ってますよ('∇')











使ってたと思っただけで、使い方間違ってましたガガガ。
_| ̄|○ il||li




トラックバックって、『元記事のアドレスを入れる』んじゃなくて、『トラックバック用URL』を入れるんですね。。。
激しく知りませんでした。。。


以上、前フリでした。
今後はトラックバックをガンガン活用したいものですわ。




というわけで、記事を転載しちゃいます。
某著作権業者さまは、えらいことをやってたそうです。




そんな痛いニュースから。









◆“「初音ミク」そっくり!?” ディズニーチャンネルの番組のキャラが話題に(痛いニュース)
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1102621.html
ファイアボール、初音ミク
ディズニーのオリジナル性に絶望した(・∀)ノ

要約:
・『ファイアボール』は、日本のディズニーにより独自に開発・製作された短編アニメーション。
・3DCGアニメ番組のキャラが、初音ミク似。遠い未来の惑星を舞台。
・かなりサイバーではあるが、ツインテールといい、手足の太くなり度といい、全体的に初音ミクみく。

引用:住人
・セーフではないがディズニーの力でセーフだな。
・ツインテールのキャラなんていくらでもいるだろ…
・強引なこじつけだと思ったらシルエットがクリソツでワロタw
・このロボが歌い始めたらパクリに思えてくる。
・ディズニーだ。急に歌い始めるぞ?
・ちょっと前にgoogleでミクが検索されなくなったのってディz



とかとか。
元記事36の名推理っぷりが座布団10枚ですねwww

とかとか。パクリ疑惑はさておいて、『ミク』=『ツインテール』ってニュアンスなんですね。
これって、『動物化するポストモダン』で『萌え要素のデータベース』を見てるって扱いですか?w

でも、住人がそれぞれ引っ張ってくる『ツインテール』なキャラっていろいろあるんですよね。
『バーチャロン』や『メダロット』や『フェイトちゃん』とかは思ったけど、『ウルトラの母』の発想はフイタwww
同じツインテールでもそこまでやっちゃうと思わなかったwww

これって、やっぱ前にまとめた【人間化するポストポストモダン】の【萌差し】じゃないかなーとか。
『データベース』じゃなくって、『作品やキャラを思い出して萌えてる』ってヤツ('∇')
さらに行っちゃうと、『プラトン』の『イデア論』になっちゃうんですががが。

まぁ、面白ければ、何でもアリで!('~')


せっかくの流れなんで、文章を張っとく。
◆【文章】人間化するポストポストモダン
http://sirimetu.blog90.fc2.com/blog-entry-963.html

ついでに、例のミクも張っとく。
◆【外れミク】やっくやくにしてやるぜ【ややエロいPV付き】(ニコニコ)
http://sirimetu.blog90.fc2.com/blog-entry-1032.html




続いて、この記事に載ってたサイトも転載。
あの作品は、似てるなーって思ってたら、ここまで似てるとは思いませんでしたわ。









◆ナディアとアトランティスの比較(一般)
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/9219/atlantis.htm
ナディア、アトランティス比較
ナディアめっちゃ好きだったぜ(・∀)ノ

要約:
・ナディアとアトランティスを比較してみた。そしたら、めっちゃパクリっぽくね?ww
・そんな皮肉を込めて紹介だだ。

引用:住人
・ジャングル大帝とナディアをパクった罪は重い



とかとか。
判断はお任せしますわ。

『ほんわか愛国心』と『なんちゃって右翼』な私的見解だと、

・日本は原作の愛ゆえの昇華コピー。
・他国は現だまラブゆえの劣化コピー。


って暴論飛ばしとく('∇')


余談ですが、当時幼かった私はこんなことを信じてました。

・『魔女の宅急便のトンボ』と『ナディアのジャン』って同じキャラだよね。
・『ナウシカ』と『ラピュタ』って同じ映画だよね。


ってマジに思ってました。若いって素晴らしいorz



続いて、もう1件も痛いニュースから。


どんなゲームが盛り上がりますか??










◆“大勢で遊ぶと盛り上がるゲーム” 1位は「マリオカート」。「スマブラ」は4位(痛いニュース)
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1102603.html
大勢で、盛り上がる
なぜ、ゴールデンアイがないんだ!(・∀)ノ

要約:
・1人で遊んでも楽しいけど、友達大勢で遊ぶともっと楽しいテレビゲーム。
・オリコンで調査したところ、1位は【「マリオカート」シリーズ】だった。
・単純なレース形式でありながら、アイテムを駆使して他カートの邪魔ができるなど、
様々な楽しみ方が出来るのが魅力で、「操作が簡単で誰でも楽しめて盛り上がるから」

引用:住人
・64のゴールデンアイだな。
・くにおくんの熱血大運動会にきまってんだろ。
・ドカポンはマジでやると友達無くすので桃鉄あたりが無難。


とかとか。
ランキングに入ってないけど、住人のコメントが熱いですねw
ジェネレーションギャップをちょっと感じちゃうかも。
私の場合は、ざっと時代別に思い出してみると、

・みんなでわいわいやってた歴史(たぶん年代順)
『ドクターマリオ』→『ヨッシーのたまご』→『ヨッシーのクッキー』→『ロックマン』
→『くにおくんの熱血新記録』→『ガチャポン戦記』→『ファミスタ』
→『ボンバーマン』→『ワイワイワールド』→『エキサイトバイク』
→『スパルタンX』→『ストリートファイター2シリーズ』→『桃鉄シリーズ』
→『スーパーボンバーマン』→『マリオカート』→『ぷよぷよシリーズ』
→『幽遊白書』→『ストZEROシリーズ』→『サムスピ』→『ポケモン』
→『X-MENvsストリートファイター』→『ゴールデンアイ』→『ヴァンパイアシリーズ』
→『マーブルvsストリートファイター』→『鉄拳シリーズ』→『ブラッティロアシリーズ』
→『みんなのGOLF』→『ジャスティス学園』→『ドカポン』→『ギルティギアシリーズ』
→『アーマドコアシリーズ』→『東方シリーズ』→『メルブラ』
→『ニコニコ動画』

今思っても、よくやったなーって思います。
『死んだら交代』の名の元に、『やりたいための真剣勝負』。
ゲームの普及がぼちぼちな時代だった分、異常な真剣さだったかも。

中でも、『格闘ゲー』と『ゴールデンアイ』は群を抜いてましたね。

実戦を経験するうちに理論じゃなくて、経験で学んでいくもので。。。。
・自分の番が次の次に来る前にわざと慣れないキャラを練習する『順番の法則』とか。
※もし、負けても一試合が終われば自分の番。
・完全なる後の先である『基本的人権』。※後に待ちとか逃げといわれる戦法。
・判定が強い技と強制ダウンで確実に倒す『空中殺法』
・そして、最後に行き着く境地は、『投げときゃ勝てる』っていう『足払いと投げだけの超心理戦』
・結論:『連続技なんて飾りです。立ち回りがあれば負けません』

毎日、8時間ぐらいそんなことやってたのって、今思えば『若いなぁ……』

つうか。。。。元気すぎ!

ついでに、外で『缶ケリ』にはまりまくってましたな。毎日やってローカルルールがすごかった。
あと、カードゲームで『大富豪』とか、『ポケモン』、『MTG』、『モンコレ』も楽しかったなー。
全然関係ないけど、『ドラゴンボール』のメンコもやってたwww

最盛期は中学生のときでしたね。
高校からはみんないろいろな学校に行って、バラバラになって時間もバラバラ。

ほとんどやらない環境で戦いの勘も身体もしょぼくなってしまって。
今じゃゲームの強さはしょぼすぎて、泣きそうになりますわorz


初心者に負けるとかありえんwwwwwwwwwwwwwww



【もう若くない】ってのが厭な名言ですね。。。

とまぁ、『今はニコニコにはまってる』って経緯の紹介でした('∇')


今回はステキなニコニコが無いようなので、ここで終了。



では、良い一日を。


P.S 昔できたことができなくなることほど嫌なことはないって件について。
  昔、自分が居た場所に他人が居座るよりも、我慢不可。