FC2ブログ
情報の真偽は自己責任☆
2007年01月26日 (金)
『成り代わり』

「あ~、もう、さっぱわかんない!」

頭を抱えて、ショートヘアのコがテーブルに突っ伏した。

「自業自得。日頃から勉強してないのがワルい」

向かい側のロングの子が左手で、ペンをクルクル回した。

「学生の本分は、勉強でしょ。勉強。テスト前ぐらいやりなよ」
「うわっ、優等生発言。
そりゃ、最近のアンタは成績良いけどさ……5本の指に入るってヤツ?
でも、若いうちは遊んで何ぼじゃない? 人生長いようで短いし」

少女が2人、ドリンクバー片手に、勉強中。
テーブルの上には、所狭しと、教科書に参考書、プリントやノートの海。
もちろん、デザートのケーキも並んでいる。
彼女達以外の他のテーブルも似たような感じで、店内はごった返していた。

「はぁ…もう疲れた。ちょっと休憩しない?」

「さっき、休憩したばっかでしょ」

「さっきのは、トイレ休憩。今度が本番」

「そんなだから、追試受けるのよ」

「アンタもちょっと前まで、追試常連だったクセに。
まぁ~、そう言わず、ちょっとくらいイイじゃない。
最近、流行ってるウワサ話とかあるんだけど」

「へぇ~、どんなウワサ?」

「なっ!? その眼は全然信用してないな」

「そりゃ、ウワサって、ほとんどがでっちあげのウソっぱちだし」

「いやいや、それがさ。今回のは一味違うってヤツ」

「ふーん、何が違うのよ?」

「おっ、食いついてきたな。よしよし、話して進ぜよう」

半目で、相変わらずペンをクルクル回すロングのコ。
対して、ショートのコが得意げに噂話を話し始めた。

「"成り代わり"って知ってる?」

「何それ? 将棋で、歩兵が金にでもなるってやつ?
あぁ、つまり、ショボい野郎が立身出世してめでたし、めでたしね」

「はいはい、ナイスボケありがとうッ!
そうじゃなくって、"自分が殺しにやってくる"の。
そして、本人と入れ代わって、何事もなく、生活するんだって」

「何、そのドッペルゲンガー。今時、流行らないって」

「ドッペルゲンガーじゃなくって、"成り代わり"。
ドッペルゲンガーって、見たら死ぬってやつでしょ。
だけど、"成り代わり"は、本人を殺して、入れ代わる。
本人と全く同じに振舞うから、周りは気づかない」

「ふーん、なるほど。
でも、ヘンじゃない? 周りが気づかないってのは」

「何でよ?」

「だって、周りが気づかないのに何でそれがウワサになるのよ。
周りが気づかなければ、ウワサに成りようがないじゃない?」

「ほぅ、イイぞ、ワトソン君。ナイスな推理だ」

「誰が、ワトソンよ?」

「ゴメン、ゴメン。ジョーダンだって。そんな顔しなさんなって」

ロングのコは、ムスッとして、横を向いた。
ショートのコは、ケーキをモグモグ食べながら、話を続けた。

「それがさ、"成り代わり"って言ってもね、
びみょ~にヘマをするらしいのよ。
本人より頭良かったり、運動できたり、性格良くてモテたりさ」

「何それ。真似るつもりで、ヘマして、本人よりスゴイって。
頭良いのか、馬鹿なんだかわからないね」

「そうそう。ホントよくわからん」

「でも、良いんじゃない?
そんくらいなら害なさそうだし。殺された被害者はご愁傷様だけど」

「なんて、セメント意見。友達減るよ?
まぁ~、周りから見りゃ、そうかもしれないなぁ~。
本人より、ずっと好感持たれるだろうし。
でも、イイことばかりじゃないんだよ、コレが」

「どんなオチがつくのよ?」

「ヘマの仕方が必ずしも、イイ方向だけじゃないってこと。
逆の場合もあるってヤツ」

「逆ねぇ…性格悪くなるの? アンタみたいに」

「そうそう、私よりアタマ悪くって…… いや、そうじゃなくって!」

「ノリツッコミは、もう流行らないと思うけど?」

「流行に弱いアンタに合わせたのよ」

ロングのコは、再びムスっとして、ペンをクルクル回した。
ショートのコは、ケラケラ笑いながら、ケーキを食べ終えた。

「でね、性格悪くなるぐらいならまだカワイイもんよ。
問題は、タガが外れやすくなって、普段しないこやっちゃうとか」

「なんか周りくどい言い方ね……。つまり単刀直入に言うと?」

「人殺し」

「直球すぎ…。もっと補足すると?」 

「キレやすくなるっていうのかな。よくあるじゃん、ニュースとかでさ。
"あの人はマジメそうな人だった"
"こんなことするなんて思わなかった"ってヤツ」

「あ~、よくあるね、ワイドショーとかで」

「そうそう、アレ。 その犯人がね、"成り代わり"にあってるらしいのよ、それもかなり数がね。
何でも、犯人の知り合いの話だと"自分が殺しに来る"
って相談があったんだって。犯行のちょっと前ぐらいにさ。
そんなウワサが、今や都市伝説ってわけ。
自分の知らないところで、自分を見た話を聞くようになったらご用心」

「へぇー、そりゃスゴイね、都市伝説。あぁ、コワイ、コワイ」

「全然、怖そうじゃないなぁ……」

ショートのコは、不満そうにドリンクバーを口に含んだ。
ロングのコは、そっけなく、ノートにペンを走らせた。

「だって、そりゃ、現実味無いじゃない。リアルさが足りないってやつ?」

「どのヘンがよ?
そりゃ、噂話だから、信用ないかもしれないけどさ……」

「まぁ、はなっから、信じてないけどね。
百歩譲って、その"成り代わり"ってのがあったすると、
どうにも納得行かないことがあってね」

「どういうこと?」

「殺された本人はどこへ行ったの?
殺されたってことは死体があるはずでしょ。
どうやって処分したのかしらね」

「むぅ…たしかに言われてみれば……
うーん…バラバラにして、捨てたとかじゃない?」

「またスプラッタな。そんなことやってもすぐに見つかるわ。
よくテレビで見つかってるでしょ。公園とか、山とか、ロッカーとか。
埋めたとしても、野犬が、掘り起こす場合もあるだろうし、
殺人とかの証拠探しになるとケーサツは強いから絶対見つける」

「じゃあ、焼いたとか?」

「火葬場って何度で焼いてると思ってるのよ?
並の温度だと、骨は残るし、
肉と髪の焼けるニオイはスゴイから絶対ばれる」

「むぅ…じゃあさ、コンクリ抱かせて、ドボンってのは?」

「それはテレビの見すぎ。一時的には沈むけど、腐敗が進むと、
ガスが出てきて、死体は浮き上がってくるから漁師に見つかる」

「うぅー、これもダメか…他に何かないかな……」

「どうわかったでしょ?
誰にも知られずに、人を消すってことは、結構大変なことよ。
きっと、何らかの足がつくから」

「むぅ~、納得いかないけど、たしかに矛盾してる……
あぁ、もぅ、ウワサに踊らされて損した気分。
アタマ使ったら、おなか減った」

「って、今、ケーキ食べたばっかじゃない?」

「それはそれ。脳が糖分を欲してるのだ。
そういえば、アンタ、ケーキ食べないの?」

ショートのコが、モノ欲しそうに、ロングのコのケーキを見た。

「あぁ、注文したは良いけどさ、今、ダイエット中なの忘れてて。
何なら、食べる?」

「マジで? もちろんもらう」

ショートのコは、嬉しそうにケーキにかじりついた。
ロングのコは、やれやれ、とそれを見た。

「あ~、おいしいなぁ。やっぱ甘いものは別腹だわ。
でも、別に太ったようには見えないけど?」

「うん、ちょっと最近、肉ばっか食べ過ぎてね。体重計ヤバくって……」

「あはは、なるほど。私もその経験あるわ」

ショートのコは、肩を震わせて、けらけら笑った。
ロングのコは、恥ずかしそうに、ペンをクルクル回した。

「ふぅ~、ごちそうさまっと。私もベンキョーの続きやるかなぁ……
あれ? そういえば、アンタ。いつから左利きになったんだっけ?」

「んっ? そうじゃなかったっけ?」

ショートのコは、不思議そうに首をかしげた。
ロングのコは、右手でペンをクルクル回すと、ノートに走らせた。(終)