FC2ブログ
情報の真偽は自己責任☆
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年08月21日 (月)
今日は先日の高校生への体験実験がぽしゃったので、

その代わりに高校の先生に体験実験を教えていました。

使い捨て白衣を着てるおじさま達は妙に初々しく思えました。

まぁ、今日も特になんとなく終わって、帰る準備。


「うわっ、空黒っ!
 めっちゃ雨降りそうやの……」

片付けで廊下を歩いていたら、

部屋の人
「天気悪いねぇ~
 いっそのこと雨降っちゃえばいいのにね」


「ははっ、そうですねぇー」

片付け終わって帰る前に、今日で最後の人に挨拶。


「それでは、お先失礼します。
 他へ行っても元気にやってくださいね」

部屋の人
「えっ、帰るの!? キミ。
 ちょっと、雨降ってないの?
 送ってくよ」

そういって窓のブラインドを開けて確かめる。


「いやっ、大丈夫ですよ。
 今なら降ってませんし、飛ばして帰れば大丈夫」

部屋の人
「そっかぁー。別にいいんだけどさ。
 あっ、そうそう……」
 

「えっ、何ですか?」

部屋の人
「これあげるよ」

鞄の中をごそごそやると、小さな物体。

『反射タスキ』
特長:車のライト等に反射する反射付きたすき。


「うわっ、ありがとうございます」

部屋の人
「夜危ないから使ってよ」

そういって最後の挨拶やって終わりました。
建物を出たらすぐに雨が降り始めました。

やらずの雨ってやつでしょうか。

最初は険悪な出会いだったのに、いつの間にかひざかっくんかまされたりとか。
別れが近づくにつれて親しくなるのは仕様ですねぇ。

ではは。

P.S 冊子が置いてました。中身を見ました。
  中には知った人が載ってました。しかも、見開き半ページ。
 あっ、これが噂の名前を間違えたまま掲載っていう……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。