FC2ブログ
情報の真偽は自己責任☆
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年08月28日 (日)
今日は会議ありませんでした。

日にち的に言えば今日の早朝。

昨日の深夜。

いつもどおりメッセ会議はちょこっとやってました。

リボルバーとオトマチックどちらがいいんやねん会話。

そんなことやってました。

さて、話は変わって。

気が付くとサークルのサイトのギャラリーになんか載ってました。

自分が今までに書いた小説をプリントアウトしたものでした。

かなり前に気づいていたけど昨日管理人に指摘。

「どうせならテキストをそのままのっけてくれない?」

「ok、やっとくよ、明日の朝5時にはできてるからみといてね」

彼は快く引き受けてくれました。

そして――

朝、起きてそれを忘れていて昼間見ました。

最後まで載ってない!?

メール送っときました。

夜になってやりとしてみました。

なんかうちのIEの調子が悪いみたいです。

確認のためいろんな人に聞いたんですが

最終的に私以外の人皆見れたそう。

私は更新しても見れませんでした。

ついでに彼からすばらしい指摘が来ました。

「ビルダーで作業してるとき読んだんだけど誤字脱字多すぎて
 最後あたり何書いてるかわけわかめ!w」

さらに彼はいいました――

「これあげる。目にクマ作って間違い箇所書いといたから」

わざわざ赤字と青字でまちがいが訂正されてました。

たしかに誤字脱字多かったです。

「文章表現を凝りたいのか、頭悪いんじゃないの?w」


ダイレクトに決まりました。

もう血反吐吐きまくりの大出血です。

というより



まけぼの



今思えば酷い表現使ってるな、と赤っ恥。

とりあえず、表現方法気をつけていくとします。

誰にでも読みやすい文章を。

無駄のない想像性に富む文章を。

活字離れの酷い若者にも気軽に読めるように努めます。

こんなヘボライターに愛の手を。

・w・でした。

P.S 忠言は耳に痛いもの。
  相手の言葉遣いが酷くても自分のためだと思いましょう。
  逆の立場のときは歯に絹着せずに注意してあげましょう。
  立ち直れないぐらいに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。